パートとアルバイトの違い

専業主婦が仕事を探すとき、最初に思いつく働き方は、パートではないでしょうか。
パートで働いている友人が身近にいたり、「正社員になるのは、大変そうだけど、パートならできそう・・・。」と思う方も多いはずです。
求人広告でも「パート募集!」の文字は、よく目にします。
では、パートとは一体、どういう働き方なのでしょうか?

 

 

パートの定義
パートは、パートタイム労働者のことで、パートタイム労働法によって守られています。
パートタイム労働法に、パートタイム労働者の定義が書いてあります。

 

パートタイム労働者は、「1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用されている通常の労働者の1週間の所定労働時間に比べて短い労働者」とされています。

 

簡単に言うと、正社員に比べて、1週間の所定労働時間が短い労働者=短時間労働者のことです。
企業が、パートやアルバイト、契約社員など様々な名称を使って分けていても、パートタイム労働法の定義に当てはまる労働者は、すべてパートタイム労働者となるのです。

 

 

アルバイトとパートの社会通念上の違い
パートとアルバイトは、パートタイム労働法では同じ仲間であるということは、書きました。
でも、確かにパートとアルバイトには社会通念上の違いがあるようです。
その証拠に、「アルバイト・パート募集」という求人広告が、よくあります。

 

「アルバイト」は、ドイツ語の「Arbeit」に由来する言葉で、仕事・労働を意味します。
戦前の学生が使い始めた言葉で、学業の間に家庭教師などをする仕事をアルバイトと呼んでいました。
そのことから、アルバイトは、現在も高校生や大学生など学業がある人が、空いている時間に働くというイメージが確立されました。
学校を卒業したり、就職後は辞める人が多いので、短期で働く場合に使われていることが多いようです。

 

一方、「パート」は、英語の「part-time job」由来する言葉で、短期の労働を意味します。
パートの対義語は、フルタイムで全時間という意味です。
子育てや家事で忙しい主婦がフルタイムで働くのは難しいので、パートで働くのは主婦というイメージが確立されました。
そのことから、パートは、主婦や学校を卒業した社会人が、長期で働く場合に使われているようです。
中には、5年、10年と長い期間、パートで働く人もいます。

 

最後にもう一度書きますが、パートと呼ばれても、アルバイトと呼ばれても、パートタイム労働法の定義に当てはまる労働者は、すべてパートタイム労働者となります。