妊婦にできるパート

妊娠は病気でない訳ですから、基本的に妊娠中にできるパートはあるはずです。

 

ただ、特に今はこういうご時世だから、中々見付けにくいのは事実だろうと思います。

 

最近はやはり仕事をしたい、仕事をしないといけないという妊婦さんも少なくありません。

 

 

それに、当時は旦那の給料だけでも十分生活して行けるからという理由で、専業主婦として子育てに専念している女性も多かったですよね。

 

ですから、妊婦にできるパートの代表格である内職や軽作業の競争率が低かったという現実もあります。

 

とにかく、妊婦に限らず、働く意志とある程度の能力さえあれば働けた時代と言っても決して過言ではないでしょう。

 

そんなこんなの理由により、妊婦にできるパートが比較的簡易に見付かったものと思われます。

 

仕事だから当たり前の事なのですが、その当たり前が一つの拘りになって、妊婦にできるパートの数を減らしているのも事実でしょうね。

 

妊婦にできるパートというと、肉体的負担と精神的負担の少ない仕事だと思い浮かべる方が多い洋です。

 

特に雇う側としては、もしもの事があれば、うちの責任になってしまうとか、例え非はなくても、責任を感じてしまうからという理由で敬遠されがちです。

 

で、結局は、妊婦にできるパートイコール、うちで出来る仕事という事になってしまうようです。

 

まず、自宅が職場なら、そこで何かあっても、雇い主が責任を問われる確率は激減します。

 

バブルの頃には仕事が溢れていて、働く人が足りない位のところも少なくありませんでした。

 

実際、特に妊娠初期の頃は、本人自身も体調不良の日や気分の優れない時も多く、いつ何があっても不思議ではない状態です。

 

妊婦にできるパートは沢山ありますが、そうした仕事が、自分の意志や能力に反して出来ない事があるのが妊婦です。

 

そこに妊婦にできるパートがあったとしても、安定した勤務が望みにくい人を雇うのは難しいという企業側の事情もあるんですよね。

 

そこで、自分の状態と相談しながら出来る仕事イコール妊婦にできるパートという事になり、段々限られて来てしまうのではないでしょうか。

 

在宅ワーク、所謂内職でも、納期などがある以上、完全自由自在とはいきませんが、それでも、多少の融通は利きます。

 

そんなこんなで、やはり妊婦にできるパートとして、パソコンのデータ入力や、ダイレクトメールの作成などの在宅ワークを選ばれるプレママが多いようです。