アルバイト面接時のマナー

 

アルバイトの面接の際には、気をつけたいマナーがいくつかあります。
まず、きちんとドアをノックし、相手から「どうぞ」など返事があった際に「失礼します」とはっきり答え、入室するすること。
ドアのない場所の場合も同様に「失礼します」という声掛けが大切です。

 

次に、アルバイト面接に来た旨と氏名を担当者に伝えますが、席に座るのは先方から勧められてから。
入室するなり、いきなり座るのは良い印象を抱かれません。
その際にカバンは隣の椅子に置くなどせず、座った椅子の脇に立てかけるなどしましょう。

 

また、スーツなどフォーマルな服装では汗をかきやすいですが、面接中に手で拭うようなことはせず、あらかじめハンカチをひざの上に置いておき、汗を抑えるほうが良いでしょう。面接が終了した際には担当者にお礼を言い、退室する際にもきちんと「失礼します」と一礼すると好印象です。