コスメ等を箱詰めするパート

 

コスメ等を箱詰めするパートの良いのは、仕事内容が簡単だということです。
多少箱詰めしにくい物はあるかもしれませんが、それでも高度な技術を必要とされるわけではありませんから、極端な話をすれば小学生はおろか、幼稚園児であってもこなすことができる仕事です。

そのため、誰でもできる仕事ということになるわけですが、問題は誰でもできるのと楽というのはまた別の話ということです。
箱詰め作業は基本的に一日中同じことを続けるだけですから、飽きてしまいやすいというものがあります。

考えることなく常に一定の箱詰めをする場合には、中身を入れ違うというリスクは少ない一方で延々と同じことをしなければならないので、一日が長く感じられてしまう恐れがあります。
ひとつひとつ詰める内容が変わる場合は今度は入れ間違いのリスクが発生することになるので、緊張感は出てきますがそれがプレッシャーとなってしまうこともあります。
簡単ではあるもののある意味、人を選ぶのが箱詰めのパートといえます。