専業主婦の収入の壁は103万円と130万円

専業主婦がパートで働き出して、気になるのが103万円

年間の収入が103万円未満だと基礎控除給与所得控除の合計が103万円になります。
この場合は、年末調整で支払った所得税が戻ってくるようになっています。

 

 

年間の収入が103万円を超えた場合

あなたにも所得税がかかってきます。そして夫の配偶者控除は、使えなくなってしまいます。ただし、配偶者特別控除が発生します。
夫の税金の負担増は、夫の年収で変わります。もちろん年収額が高いほど、奥さんの収入が103万円を超過した時の負担額は増えます。

 

 

 

自営業者の場合

自営業を営んでいる場合や夫がサラリーマンでない場合、130万円を気にする必要はありません。 夫はもちろん、妻も国民健康保険(国民年金)に加入しているからです。
(要注意)130万円を超えると健康保険料(国民年金保険料)の支払い義務が発生しますので、129万円で収入を抑えるようにしましょう。

 

 

まとめ
所得税の控除で代表的なものが生命保険料控除です。
103万円を超えていなければ対照になりませんが、103万円や130万円を超えた場合に控除によって金額が下回る場合がありますので、しっかりと計算するようにしましょう。